学校法人ノースアジア大学明桜高校news&topics

 

全日本アンサンブルコンテスト秋田県大会


1月28日から2日間、秋田県民会館を会場に全日本アンサンブルコンテスト秋田県大会が行われました。

本校吹奏楽部からは、木管四重奏と金管八重奏の2チームが出場し、金管八重奏が金賞、木管四重奏が銀賞を受賞しました。

今大会で金賞を受賞した金管八重奏は、2月11日に山形県酒田市で行われる東北大会への出場が決定しました。

トランペットを担当した鈴木理乃さん(2年)は、次のように話してくれました。
「県代表として東北大会に出場できることをうれしく思います。この結果は部員、先生方の応援、ご協力のおかげです。本当に感謝しています。これまで私たちの目標とする『No. 1』を目指して全員で気持ちを一つに練習してきました。一人ひとりが音楽の技術だけではなく内面的にも成長できたと感じています。東北大会では県大会の演奏をはるかに超える、熱い演奏をしたいです。そのために残りの時間、気持ちを引き締めて練習していきます」

また、トロンボーンを担当した畑澤亜由美さん(1年)は次のように話してくれました。
「県大会の演奏をふまえて、まだまだ自分に足りないところがたくさんあります。今回の課題を東北大会までに克服し、聴いてくださる方に感動を与える演奏をしたいです。 音楽で気持ちを伝えるように、私たちの想いと曲の物語を連想させられるような演奏を目指します。私たちの目標である『No.1』を胸にがんばります」


 

 

 
Copyright (c)Meioh Junior College. All Rights Reserved