HOME > 学校紹介 > 明桜高等学校の歴史

学校法人ノースアジア大学明桜高等学校の歴史

「努力は人を作る」 「情熱と闘志で最善を尽くす」


校是のもとに、社会有為の人間となるべく、資質の向上と基本的生活習慣の確立を目指し、健全な心身と自主自立の精神の涵養につとめる。


これを更に具現するため、個々の特性と能力の伸長を目指したコース制豊かで明るい日常生活を築き、その中で自らを鍛える課外活動の推奨と充実海外の同世代の青少年との交流により、国際的視野に立って社会生活を送れる人間の育成などを教育方針とし、恵まれた自然環境の中で、私学の特色を最大限に生かし、日進月歩する社会の要請に応えられるような人間形成に鋭意努力する。



沿革

1953(昭和28年) 1月 秋田短期大学設置認可
理事長 古田重ニ良就任
校長 中川秀松就任
1954(昭和29年) 4月 家庭科を増設
1955(昭和30年) 2月 秋田短期大学学歌制定
(昭和48年まで附属高校もこれを歌い継ぐ)
1956(昭和31年) 3月
4月
第一回卒業式を挙行
秋田市立商業高等学校校地に一部移転
1958(昭和33年) 校長又井盛治就任
1963(昭和38年) 11月 学園創立10周年記念行事「古田杯争奪柔道大会」を開催
1964(昭和39年) 4月 学校法人秋田経済大学と改称され高校も秋田経済大学附属高等学校と改称
1969(昭和44年) 4月 自動車工学科を増設
1970(昭和45年) 4月 理事長に小畑勇二郎就任
校長山本一就任
1973(昭和48年) 校長和田勝太郎就任
1976(昭和51年) 3月 カナダとの文化交流事業を開始
1978(昭和53年) 校長青柳吉隆就任
1981(昭和56年) 4月
5月
普通科に公務員コース設置
「中国研修の船」開始
全国高校野球選手権大会出場(1)
1982(昭和57年) 理事長に高山岩男就任
全国高校野球選手権大会出場(2)
1983(昭和58年) 2月
4月
理事長に佐々木喜久治就任
秋田経済法科大学附属高等学校と改称
1984(昭和59年) 3月 特別進学コースを設置
1986(昭和61年)
2月
3月
校長秋山光雄就任
高等学校新校舎へ移転
移転後初の卒業式
1987(昭和62年) 4月 体育コースを設置
全国高校野球選手権大会出場(3)
1989(平成元年) 全国高校野球選手権大会出場(4)
1990(平成2年) 4月 文理コース設置
1991(平成3年) 全国高校野球選手権大会出場(5)
1992(平成4年)
4月
校長水澤研一就任
代々木ゼミナールサテライングリーンチャンネル導入
1993(平成5年) 10月 学園創立40周年
全国高校野球選手権大会出場(6)
1996(平成8年) 全国高校野球選手権大会出場(7)
1997(平成9年) 理事長に寺田典城就任
校長湯川敬治就任
2000(平成12年) 4月 理事長に佐々木満就任
2001(平成13年)
6月
校長池田好道就任
カナダ「ニューウエストミンスター・セカンダリースクール」との交流中止
2002(平成14年) 4月 常葉学園(静岡)との教員の相互交流開始
「中国研修の翼」を中止
「海外研修シンガポール」実施
2003(平成15年) 4月

10月
理事長に寺田典城就任
学園創立50周年
スクールバス運行開始
2004(平成16年) 11月 最後の「古田杯争奪柔道大会」を開催
2005(平成17年) 4月 理事長に稲田俊信就任
校長下村一男就任
2006(平成18年) 4月

8月
理事長に小泉健就任
学園長に下村一男就任
校長に武塙宗吉就任
2007(平成19年) 3月
4月
7月
校長に嶋田耕也就任。商業科閉科。
「明桜高等学校」と改称。
カナダとの文化交流事業を再開
2008(平成20年) 10月 中国研修を再開
2009(平成21年) 4月
8月
校長に古谷元人就任。
全国高校野球選手権大会出場(8)
2011(平成23年) 12月 台湾の淡水商工高校と姉妹校提携
2012(平成24年) 4月 校長に近藤和裕 就任。
2015(平成27年) 4月 校長に花田富二夫 就任。
 
Copyright (c)Meioh Junior College. All Rights Reserved